ホーム >

新着情報 (

【お知らせ】 JAILA第7回全国大会のお知らせ 2018年3月10日(土)
       

2017年9月21日掲載

 JAILA第7回全国大会が、2018年3月10日(土)に鶴見大学にて開催されることにな りました。皆様のご参加をお待ちしております。

★研究発表募集★

 第7回全国大会(2018年3月10日(土)10:00~於鶴見大学)の研究発表を募集します。発表内容は、哲学、歴史、社会科学、自然科学、芸術、教育、外国語など分野は問いませんが、多様な分野の方にも自身の研究活動がアピールできるよう工夫をお願い致します。学際的な視点に立った教育・研究に関心のある方、ふるってご応募ください。

・発表言語は日本語または英語、発表時間は質疑応答を含めて30分です。
・ポスター発表もございます。
・非会員の方のご発表も可能です。(今大会より、学生(フルタイム)の方は、発表の有無に関わらず、参加費は無料となっております。その他の非会員の方には、当日会費1000円をいただいております。)
・口頭発表・ポスター発表ともに、2017年12月31日(日)までにJAILA事務局(下記)に、氏名、所属、連絡先、発表タイトル、発表要旨(日本語の場合200字程度、英語の場合100語程度)を送付してください。

連絡・問い合わせ先:
JAILA事務局
〒700-8530
岡山市北区津島中2-1-1
岡山大学全学教育・学生支援機構
基幹教育センター外国語教育部門
那須雅子研究室

in English below:

★Call for Papers★

The 7th national meeting of The Japan Association of International Liberal Arts (JAILA) will be held at Tsurumi University in Yokohama on Saturday 10 March 2018 (10:00~). Proposals are invited from persons wishing to present a paper. Any subject would be welcome, including philosophy, history, social science, natural science, art, education, and foreign languages. Contributions would also be welcome from all fields of interdisciplinary research and education. Please make your presentation accessible to those in other research areas so that your research interests can be shared by all.

Presentations should be 30 minutes long (including 5 to 10 minutes for questions and discussion). We will have a poster session as well. Presentations from non-members are also welcome (one-day membership fee is free for all full-time students and is 1,000 yen for other non-members). Those wishing to present should send a title and abstract of approximately 100 words by e-mail to Masako Nasu at , with your name, affiliation, and contact information. We will accept proposals from nonmembers as well. Deadline for submissions is midnight on Sunday 31 December 2017.




【お知らせ】 JAILA第6回全国大会優秀発表賞の選考結果
       

2017年9月15日掲載

 JAILA第6回全国大会優秀発表賞には、厳正なる審査の結果、下記の発表が選出されました。


   発表者: 土屋結城(実践女子大学)、伊澤高志(立正大学)、樫村真由(東京工業高等専門学校)、
         北和丈(東京理科大学)、瀧口美佳(立正大学)

  発表題目: 大学入試センター試験を歴史化する―文学テクストとして読む英語長文問題


 おめでとうございます。

 なお授賞式はJAILA第7回全国大会(平成30年3月10日、於鶴見大学)にて執り行われる予定です。




【告知】 JAILA Journal 第4号の原稿募集について
       

2017年6月15日訂正(スケジュール部分) 2017年6月10日掲載

JAILA会員の皆様
JAILA Journal 編集委員会
編集委員長 岩中貴裕
編集副委員長 北和丈

JAILA Journal 第4号の原稿募集について

皆様のご協力のおかげで、近日中にJAILA Journal第3号がウェブ上で公開される予定です。早速ですが JAILA Journal 第4号の原稿募集の案内をさせていただきます。会員の皆様からの論文投稿をお待ちしております。ぜひ投稿をご検討ください。

1.論文の種類について
論文の種類については下記の3つを想定しております。もしご不明の点や質問等がございましたらJAILA事務局までお問い合わせください。

(1)研究論文
先行研究から研究課題を見い出し、①研究上の問いや仮説について検証可能な方法で研究し、結果・考察・結論を提示するもの(実証研究)。または、②理論的な考察や批判的な論評を行い、新たな考え方や概念などを提案するもの(理論研究)。いずれも引用やデータの提示方法が適切、かつ論理展開が明確で、学術論文としてふさわしいものとする。

(2)研究ノート(その他)
教育実践や研究活動に有益な調査内容を資料として提供し、今後の研究や教育実践を発展・活性化させる契機となりうる知見や問題提起を含むもの(必ずしも結論が含まれなくてもよい)。カリキュラムの紹介、研究分野のレビュー、書評等を含める。

(3)寄稿論文
日本国際教養学会が主催または共催したシンポジウム、および講演の内容に基づいた内容の論文とする。寄稿の依頼はJAILA Journal 編集委員会が行う。

2.JAILA Journal 第4号発行手順
下記の日程で発刊予定です。皆様からの原稿をお待ちしております。なお原稿は必ず6月に公開されたテンプレートをご利用して作成ください

論文投稿申し込み書、および、テンプレートダウンロードページへ


□ 第4号発刊までのスケジュール (以下2017年6月15日訂正)

2017年6月テンプレート公開
2017年11月20日(月) 論文提出締め切り

事務保管用完成原稿(所属・著者名を明記したもの)と査読用原稿(所属・著者名を削除したもの)をPDFファイルで作成し、JAILA事務局(office@jaila.org)までメールで提出してください。投稿申込用紙を必ず一緒にご提出ください。

論文投稿申込用紙ダウンロードページへ

2017年12月31日(日) 査読終了
2018年2月28日(水) 修正原稿提出
2018年3月 JAILA Journal 第4号発刊
 
上記の告知文書PDF版はこちら(PDFファイルへのリンク。新しいタブで開きます。)  
 
 

(更新)【報告】 JAILA 第6回全国大会報告(2017年2月18日 同志社大学今出川キャンパス)
       

2017年6月10日更新 >2017年2月21日掲載

 「JAILA第6回全国大会(2017年2月18日、於同志社大学今出川キャンパス)のご報告をさせていただきます。今大会も多くの方にご参加いただきましたこと、 心よりお礼申し上げます。当日行われました研究発表・講演、および懇親会の様子を紹介させていただきます。

 今大会の優秀ポスター賞は、那須雅子氏(岡山大学准教授)「「個」から「集合体」へ:ヴァージニア・ウルフの描く意識世界の変遷」および鎌田那奈さん、竹野 朝美さん、金谷和香さん(兵庫県立大学環境人間学部学生)「「グロー バル 市民」育成プログラムの現状と今後の課題〜現役国際人へのインタビュー調査から〜」の2件が受賞しました。おめでとうございます。なお今大会の口頭発表者 の中から「優秀発表賞」が選出されることになっております。

またプロシーディングズも掲載しておりますので是非ご覧ください。

   大会報告ページへのリンク

 


大会の様子1
大会の様子2
大会の様子3



【お知らせ】 JAILA第7回全国大会について
       

2017年4月26日掲載

 JJAILA第7回全国大会は、2018年3月10日(土)に鶴見大学にて開催されます。
詳細につきましては、追ってお知らせいたします。