ホーム >

新着情報 (

【お知らせ】 JAILA第8回全国大会について
           [開催日:  2019年3月16日(土)]
           [開催場所: 兵庫県立大学姫路環境人間キャンパス]


2019年2月4日掲載

2019年2月8日更新(プログラム差し替え)

2019年2月12日更新(プログラム差し替え)

2019年2月15日更新(大会概要ページへのリンク、プログラム差し替え)



 第8回全国大会の大会概要(タイムテーブル、発表概要など)を以下のリンクより、ご確認ください。


    大会概要ページへのリンク

    大会概要冊子(PDF)へのリンク

   ※ 口頭発表、ポスター発表ともに募集を締め切りました。
     お蔭様で大変多くの方にご応募いただきました。
     ご応募いただいた皆様、どうも有り難うございました。


連絡・問い合わせ先:
JAILA事務局
〒700-8530
岡山市北区津島中2-1-1
岡山大学全学教育・学生支援機構
基幹教育センター外国語教育部門
那須雅子研究室

email:
Website: http://jaila.org/

大会プログラム
2019年2月15日版






【お知らせ】 寺西雅之会長が韓国で招待発表を行いました。


2018年12月5日修正(日付・場所追加) 2018年11月29日掲載

 この度寺西雅之会長が、国際フォーラム2018 International Forum on Liberal Education(11月21―22日、於ロッテホテルソウル、韓国教育部(Ministry of Education)等主催)および国際会議Back to Basics: Renaissance of Liberal Arts Education East & West(11月23―24日、於Keimyung 大学(テグ)、Korean Association of General Education等主催)にJAILA会長として招かれ、発表を行いました。

 ソウルのフォーラムでは現在進行中の教科書出版プロジェクトを取り上げ“Integration of Liberal Arts and EFL: Principles and Aims of JAILA New Textbook Project”と題した発表をされ、テグでの会議では“The Changing Concept of Liberal Arts and the Development of JAILA”というタイトルでこれまでのJAILAの活動と今後の発展についてお話されました。

 またフォーラム・学会期間中に開催された代表者会議では、今後の教養教育の発展に向けた各国の連携を協議し、今後の東アジアでの教養教育フォーラムの開催について意見交換がなされました。



フォーラム 質疑応答1
フォーラム(質疑応答)
フォーラム 質疑応答2
フォーラム(質疑応答2)
夕食会にて
夕食会にて
フォーラム(プレゼンテーション)
フォーラム(プレゼンテーション)
テグ招待発表者集合写真
テグ招待発表者集合写真





【お知らせ】 JAILA第7回全国大会優秀発表賞の選考結果

2018年9月21日掲載

JAILA第7回全国大会優秀発表賞には、厳正なる審査の結果、下記の発表が選出されました。

  発表者: 坂本南美(岡山理科大学)
 発表題目: 日本の公立中学校に勤めるALTの同僚性に関するナラティブ研究

おめでとうございます。
なお授賞式はJAILA第8回全国大会(2019年3月16日、於兵庫県立大学姫路環境人間キャンパス)にて執り行われる予定です。






【告知】 JAILA Journal 第5号の原稿募集について
       

2018年5月29日掲載

JAILA会員の皆様

JAILA Journal 編集委員会
編集委員長 北 和丈
編集副委員長 原口 治

JAILA Journal 第5号の原稿募集について

 早速ですが JAILA Journal 第5号の原稿募集の案内をさせていただきます。会員の皆様からの論文投稿をお待ちしております。ぜひ投稿をご検討ください。

1.論文の種類について
論文の種類については下記の3つを想定しております。もしご不明の点や質問等がございましたらJAILA事務局までお問い合わせください。

(1)研究論文
先行研究から研究課題を見い出し、①研究上の問いや仮説について検証可能な方法で研究し、結果・考察・結論を提示するもの(実証研究)。または、②理論的な考察や批判的な論評を行い、新たな考え方や概念などを提案するもの(理論研究)。いずれも引用やデータの提示方法が適切、かつ論理展開が明確で、学術論文としてふさわしいものとする。

(2)研究ノート(その他)
教育実践や研究活動に有益な調査内容を資料として提供し、今後の研究や教育実践を発展・活性化させる契機となりうる知見や問題提起を含むもの(必ずしも結論が含まれなくてもよい)。カリキュラムの紹介、研究分野のレビュー、書評等を含める。

(3)寄稿論文
日本国際教養学会が主催または共催したシンポジウム、および講演の内容に基づいた内容の論文とする。寄稿の依頼はJAILA Journal 編集委員会が行う。

2.JAILA Journal 第5号発行手順
下記の日程で発刊予定です。皆様からの原稿をお待ちしております。なお原稿は必ず第5号用のテンプレートをご利用して作成ください(以下のリンクから入手できます)。

論文投稿申し込み書、および、テンプレートダウンロードページへ


□ 第5号発刊までのスケジュール

2018年5月末テンプレート公開
2018年11月20日(火) 論文提出締め切り
事務保管用完成原稿(所属・著者名を明記したもの)と査読用原稿(所属・著者名を削除したもの)をPDFファイルで作成し、JAILA事務局(office@jaila.org)までメールで提出してください。投稿申込用紙を必ず一緒にご提出ください。

論文投稿申込用紙ダウンロードページへ

2018年12月31日(月) 査読終了
2019年2月28日(木) 修正原稿提出
2019年3月 JAILA Journal 第5号発刊
 
 
 
 

【お知らせ】 JAILA Journal第4号公開
       

2018年5月7日掲載


 JAILA Journal第4号を公開いたしました。以下をご覧下さい。

   JAILA Journal第4号   ※新しいタブで開きます







【報告】 JAILA第7回全国大会のご報告(2018年3月10日 鶴見大学)
       

2018年5月7日更新 2018年3月13日掲載


 JAILA第7回全国大会(2017年3月10日、於鶴見大学)は成功裏に終わりました。今大会も多くの方にご参加いただきましたこと、 心よりお礼申し上げます。

 なお、今大会の優秀ポスター賞は、鶴見大学文学部ドキュメンテーション学科特別実習Ⅰ履修学生一同による発表「ひろがる源氏 つながる古地図」が受賞しました。おめでとうございます。

 なお、第8回全国大会は兵庫県立大学姫路環境人間キャンパスにて開催されます。


大会の様子1
大会の様子2
大会の様子3
大会の様子4
大会の様子5
大会の様子6