ホーム > JAILA Journal > e-JOURNAL> JAILA Journal Volume 4 (2018)

JAILA Journal Volume 4 (2018) Contents

※ 新しいタブで開きます

表紙
目次
【巻頭言】 あるべき教養教育の姿を求めて
玉井史絵 ・・・・・1
【研究論文】
ESPと文学テクスト
久世 恭子・・・・・2
米4大学におけるリベラルアーツ教育の現状と改革
大西 好宣・・・・・14
The Sister ArtsとEmily Berry:
Stranger, Baby (2017)の“Sleeping”を読む〜
岡田 和也・・・・・26
Interdisciplinary Analyses of Lifestyle-related Factors, Social Capital, and Proficiency in English as a Foreign Language Among Students at a University in Japan
Hachiro UCHIYAMA, Maki IKOMA, Shigemitsu TAKAGI ・・・・・38
ウルフとユング:
小説に描出される「集合的無意識」
那須 雅子・・・・・50
ライフレビューのSummaryに関する物語論的考察 −介護老人保健施設入所者のもう一つの事例−
奥田 恭士・・・・・62
【研究ノート】
Necessity of Language Instruction for Immigrants in Japan - through Comparison with Canada’s Policies
Azumi YOSHIDA・・・・・74
英検二次面接試験「準2級」の絵の描写で 用いられる動詞の特徴
竹野 純一郎・松浦 加寿子 ・・・・・85
英語学習教材としてのジェイン・オースティン
Sense and Sensibility の複数のテクスト分析から―
寺西雅之・金谷和香・鎌田那奈・竹野朝美・・・・・97
Practices and Perceptions of Literature Circles in the EFL Classroom
Sachiko SHIKODA・・・・・109
学習指導要領にみる英語音声教育の変遷
和田 あずさ・・・・・119
日本の大学生のための「文章力養成講座」
上野 輝夫・溝端 剛・半田 結・有田 伸弘・・・・・132
【編集後記】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 144